S検について

S検とは

2021年春より始まる、新しい「S検」!

S検は、スーパーマーケット業界全体のレベルアップを図ることを目的とした資格認定制度で、スーパーマーケット等の小売業(流通業)に従事している方(社員・パートタイマー・アルバイト)の知識と技術の向上を目指した能力検定試験です。
スーパーマーケットの業務内容は多岐に渡り、業界に従事している方には知っておきたい基礎知識や業界用語、それぞれの職務に応じた必要不可欠な知識や技術等があります。

当検定は、各階層別・部門別に能力評価基準を設け、各職務に応じた必要な知識や技術を身に付けていただく為の学習目標として位置づけ、検定試験においてその能力を客観的に評価する制度です。業界におけるスタンダード資格として、自己の能力を高める各企業の人材育成、また昇進・昇格試験としても活用できる実務に即した内容となっております。

※S検はスーパーマーケット検定の略称です。

厚生労働省 職業能力評価基準について

人材育成の
必要性

「職業能力評価基準」とは、我が国の「職業能力評価制度」の中心をなす公的な職業能力の基準であり、仕事をこなすために必要な「知識」と「技術・技能」に加えて「成果につながる職務行動例(職務遂行能力)」を、業種別、職種・職務別に体系的に整理したものです。

S検は、厚生労働省が策定した職業能力評価基準(従業員は自らの職業能力を、企業は従業員に求める職業能力を“互いに分かりやすい形”で示す基準)に準拠しています。

職業能力評価基準について(厚生労働省HP中央職業能力開発協会HP

S検のメリット

S検の合格基準

2021年からのS検試験時間と合格基準
検定名 試験時間 問題数 合格点 企業内受験の実施時間
(ガイダンス含む)
ベーシック1級 科目1:業界一般知識 90分 130問 70点 15:30~17:10
科目2:売場・商品知識
科目3:計数管理 60分 35問 60点 14:00~15:10

マネジャー3級
科目1:人の育成と活用 70分 100問 70点 11:00~12:20
科目2:商品管理と販売の実務
科目3:計数管理 60分 35問 60点 9:30~10:40
マネジャー2級 科目1:人の育成とチームワーク 70分 95問 70点 15:30~16:50
科目2:店舗管理とマーケティング
科目3:計数管理(店の数字) 60分 35問 60点 14:00~15:10
バイヤー級 科目1:バイヤーの使命と求められる能力 70分 80問 70点 11:00~12:20
科目2:マーチャンダイジング
科目3:計数管理(バイヤーの数字) 60分 40問 60点 9:30~10:40

2020年までの合格基準は各科目100点満点(合計300点満点)のうち、
全ての科目が50点以上で、かつ3科目の合計が210点以上が合格でした。
2021年より科目1・2は100点満点のうち70点以上、科目3は100点満点のうち60点以上、
それぞれが合格点に達した場合に合格となります。

検定名 試験時間 問題数 合格点 企業内受験の実施時間
(ガイダンス含む)
食品表示管理士 食品表示管理士(初級) 60分 50問 80点 14:00~15:10
食品表示管理士(中級) 60分 50問 80点 10:30~11:40
食品表示管理士(上級) 60分 50問 80点

*2021年より食品表示管理士は任意の級から受験できることになりました。
*中級・上級の記述式はすべて選択式に変更になります。

過去の受験者数

ベーシック級・マネジャー級・バイヤー級

スーパーマーケット業界全体のレベルアップを図ることを目的とした資格認定制度で、スーパーマーケット等の小売業(流通業)に従事している方(社員・パートタイマー・アルバイト含む)の知識と技術の向上を目指した能力検定試験です。

ベーシック級・マネジャー級・バイヤー級検定

食品表示管理士検定

お客様へ正しい食品表示情報を提供するための能力を持つ人材「食品表示管理士」を認定する資格制度です。表示が読み取れる、確かな表示ができるプロフェッショナルとなることで、企業の信頼獲得に力を発揮します。

食品表示管理士検定

チェッカー技能検定

スーパーマーケットの顔ともいうべきチェッカーの接客について、明るく、親切な応対、正確・スピーディな処理技術の一層の向上を目的とし、お客様の信頼・支持を集めるため、チェッカーの技能検定試験を行っています。

チェッカー技能検定

TOPへ