チェッカー技能検定

小売業に従事している従業員の技術及び資質の向上を目指し、社会に貢献することを目的としています。
チェックアウト部門運営における技術水準の向上と、お客様からの信頼獲得を目指します。

チェッカー技能検定は「筆記試験」と「実技試験」に分かれています。

☆両方合格で、合格認定となります。

札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、福岡、岡山(実技試験のみ)、企業内(筆記試験のみ)

※企業内とは、一定の条件を満たした場合に一般会場と同等の筆記試験が受けられる制度です。

詳しくはこちら

受験資格
  • 小売業に従事している方ならどなたでも受験できます。
    但し、2級・1級を受験される場合はそれぞれの下位級の取得が必要です。
  • 筆記試験、実技試験のどちらか一方が合格の場合、合格した科目については2年間の受験猶予期間があります。
    (お申し出が必要です。お申込書に一部合格番号を記入して申し込んでください。)
試験日
筆記試験:8月23日(木)
実技試験:
東京 9月26日(水)~ 9 月28日(金) 東芝テック
10月2日(火)~10月3日(水) 寺岡精工・富士通・イシダ・NCR・NEC
仙台 10月4日(木)~10月5日(金) 東芝テック・寺岡精工
大阪 10月10日(水)~10月12日(金) 東芝テック・寺岡精工・富士通・イシダ
岡山 10月16日(火)~10月17日(水) 東芝テック
福岡 10月18日(木)~10月19日(金) 東芝テック・寺岡精工
名古屋 10月23日(火)~10月24日(水) 東芝テック
札幌 11月1日(木)~11月2日(金) 東芝テック・寺岡精工

日時の指定は出来ません

受験料
3級 2級 1級
区分 会員 非会員 会員 非会員 会員 非会員
筆記・実技 11,300円 18,500円 16,500円 23,700円 22,600円 29,800円
筆記のみ 5,100円 7,700円 6,200円 10,300円 8,200円 12,300円
実技のみ 8,200円 13,400円 11,300円 16,500円 15,400円 19,500円
*筆記のみ、実技のみの試験は、2016年度、2017年度の試験でどちらか一方の科目に合格している方が対象です。
申込期間

6月1日(金)~7月2日(月)

試験対策講習会はこちら

3級

チェッカーとしての業務の基礎知識および
基本接客応対技術を身につけるお申込み

  • 新入社員・パートタイマー・アルバイト等チェッカーおよび従業員全般

筆記試験

(釣銭問題) (専門問題)
出題内容 釣銭を確実に最小枚数でお返しするための計算問題です。 チェッカーとしての心構え、接客の基礎知識と技術及び、基本の応対について出題します。
試験時間 15分 記述式 60分 マークシート方式
合格基準 90点以上(100点満点) 70点以上(100点満点)

実技試験詳しくはこちら

出題内容 一人のお客様のお迎えからお見送りまで、基本の接客応対ができているかを審査します。
お客様 1名 預り金 5,000円 商品数 10品
試験時間 (基準タイム) 50秒
合格基準 350点以上(500点満点)

学習用テキスト

  • 『スーパーマーケットの接客行動学』
2級

リーダー(部門責任者)としてのチェックアウト管理能力、
指導能力を身につける お申込み

  • トレーナー候補者・リーダー(チーフ)・サブリーダー(サブチーフ)

筆記試験

出題内容 3級で習得した基礎知識に加えて、リーダーとしての知識と、指導育成について出題します。
試験時間 (専門問題)60分 マークシート方式
合格基準 70点以上(100点満点)

実技試験詳しくはこちら

出題内容 二人のお客様の応対を審査します。基本の接客応対に加え、お待ちのお客様がいる場合に、丁寧で、迅速かつ、感じ良い接客応対ができているかを審査します。
お客様 2名 預り金 (客1) 10,000円 商品数 (客1) 10品
(客2) 1,000円 (客2) 5品
試験時間 (基準タイム) 95秒
合格基準 400点以上(500点満点)

学習用テキスト

  • 『スーパーマーケットの接客行動学』
  • 『ハイレベル接客読本』
1級

業務管理能力、トレーナー(育成指導者)としての
育成能力、接客応対力を身につけるお申込み

  • トレーナー・トレーナー候補者、リーダー(チーフ)

筆記試験

出題内容 2級までに習得した知識に加えて、トレーナーとしての知識、業務管理について出題します。
試験時間 (専門問題)60分 マークシート方式
合格基準 70点以上(100点満点)

実技試験詳しくはこちら

出題内容 基本接客能力 基本接客の審査内容は2級と同じですが、基準タイムが短くなります。
お客様 2名 預り金 (客1) 10,000円 商品数 (客1) 10品
(客2) 2,000円 (客2) 5品
応対話法 お客様からの声かけに対して、内容を的確に判断し、お客様が満足できる対応ができるかを審査します。
試験時間 (基準タイム) 85秒 応対話法の時間は含まれません
合格基準 基本接客能力 450点以上(500点満点)
応対話法 160点以上(200点満点)

学習用テキスト

  • 『スーパーマーケットの接客行動学』
  • 『ハイレベル接客読本』

実技試験について

3級~1級共通事項

実技試験は制服着用で行います。名札・筆記用具など勤務時に携帯する備品もご持参ください。

用語の説明
  • 「預 り 金」

    お客様係が渡すお金のことです。

  • 「試  技」

    実技試験の前に、機械操作方法を確認するための時間があります。

  • 「サッカー」

    お客様に袋詰めをサービスで行う人員のことです。

基準タイムの計測

*基準タイムとは、実技試験の基本接客にかかる基本となる時間のことです。

  • 一人目のお客様のカゴの中の商品に手をかけた時から計り始め、二人目のお客様にお札と小銭の両方の釣銭を渡すまでです。(3級のお客様は一人です。)
  • 基準タイムを超えると1秒につき1点減点されます。
減点項目
  1. 基準タイムオーバー(1秒につき1点)
  2. やり直し(1回につき20点)*やり直しは受験者の申し出により行えます。
    ☆やり直したい場合は、試験室を出る前に審査員に申し出てください。   
     退室後のやり直しは出来ません。また、1級の応対話法についてはやり直し出来ません。
不合格項目
  1. 釣銭誤り:お客様にお渡しした釣銭に誤りがあった時
  2. ダブルスキャン:商品を2度登録したまま会計をおわらせてしまった時
  3. 商品登録忘れ:お預かりした商品を全て登録しなかった時
  4. 商品渡し忘れ:登録した商品を渡し忘れてしまった時

3級・2級・1級の違い(基準タイム・お客様係・預り金・商品数)

実技試験 レジ向きについて

実技試験で使用するレジについて

実技試験 レジ向きについて

*お客様の進行方向は変更できません。

実技試験設置機種について

レジは自動釣札・釣銭機付きです。

レジ番号 メーカー名 札幌 仙台 東京 名古屋 大阪 岡山 福岡
東芝テック
寺岡精工
富士通
イシダ
NCR
NEC

*各会場、受験者数が10名に満たない場合は、該当の機種の設置はございません。

TOPへ